MENU

吹田市・茨木市・高槻市・豊中市・池田市・箕面市・摂津市を中心に、家・空地・マンション・駐車場・アパートなどを積極的に買取いたします。

現在、不動産屋に売却依頼しているが、なかなか売れない
相続で不動産を早急に売らなければならない
買い換え、転勤等でご自宅を売却しなければならない

そんな時は当社までお気軽にご一報ください。リフォーム・建替えも承っております。

Flow1 > 売却を考える

マイホーム売却にあたり、そのきっかけになる判断基準は「買換えの資金にまわしたい」「相続対策」などが大半を占めていますが、まず自分の住まいが今いくらで売れるのか、買い手がいるのか不安一掃のためにも、当社にご一報ください。

Flow2 > 売却費用を下調べする

住まいの売却にも当然費用がかかります。(主に下記の費用がかかります)

1. 印紙税(不動産の譲渡に関する契約書に必要です)
2. 所得税 / 住民税(売却時の譲渡益に対して課税されますが、控除制度もあります)
3. その他の費用等(ローンの抵当権抹消登記・ローンの事務手数料・司法書士の報酬等)
4. 引越し費用
5. 仲介手数料(売却が決定し、成約した場合のみ、その取引額に応じてかかります)

※取引額が200万円以下の場合、取引額の5%
※取引額が400万円以下の場合、取引額200万円以下の部分はその5%・取引額が200万円を超える部分についてはその4%
※取引額が400万円以上の場合、取引額が200万円以下の部分はその5%・取引額が200万円を超え400万円までは4%・取引額が400万円を超える部分についてはその3%
これら以外にも必要な場合がありますので、詳しくは営業担当者にお問い合わせください。

Flow3 > 無料査定をしてもらう

実際に自分の住まいがどのくらいで売れるのか?
査定額とは、市場に売りに出した場合に買手がつく可能性がある金額のことです。
まずはお電話などでおよその簡易査定に始まり、実際の物件を営業担当者が出向いて行う確認査定へと流れ、それらをベースに実際の売り出し価格を決定します。
弊社では、無料査定サービスを行っておりますのでお気軽にご相談ください。
また、査定額決定においては所有不動産の売却に関する提案書を添付し、より具体的な売却をご提案いたします。

Flow4 > 売却を依頼

査定が終わり、売却の意思が固まれば弊社と媒介契約を結びます。不動産仲介業者と結ぶ媒介契約には次の3種類があります。

1.専属専任媒介契約

媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼出来ません。
また、依頼者は自分で見つけた相手方と不動産会社を通さずに売買契約を締結出来ません。依頼をうけた不動産会社は、目的物件を不動産流通機構(レインズ)に登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

2.専任媒介契約

媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼出来ません。依頼者は自分で見つけた相手方となら不動産会社を通さずに売買契約を締結することが出来ます。依頼を受けた不動産会社は、目的物件を不動産流通機構(レインズ等)に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

3.一般媒介契約

複数の不動産会社へ重ねて媒介契約を依頼することが出来ます。
不動産業者は目的物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務はありません。

※その他の詳細情報は、営業担当者へお気軽にお問い合わせください。

Flow5 > 売却活動について

実際の広告活動としましては、インターネットからチラシ掲載、店頭募集を含め幅広い広告活動をいたします。
もちろん一切の広告費用は不要です。成約に至るまでお客様のエリアに詳しい営業担当者がフォローさせていただきます。

1.各種媒体への掲載・配布

新聞折込チラシでの広告や、各住宅情報誌への掲載、チラシのポスティングなど。

2.ホームページへの掲載

物件の間取・写真などを弊社ホームページ上に公開いたしますので、24時間いつでもチェック出来ます。不動産関連のポータルサイトにも多数掲載、幅広いエリアでのご紹介が出来ます。

Flow6 > 売却の契約をする

無事売却に買手がついた場合、弊社にて購入申込書を取得し、代金の支払・物件の引き渡しなどの詳細を決めます。
全ての内容が決まりましたら不動産売買契約を締結いたします。

<不動産売買契約時に必要なもの>
■仲介手数料の半金(別途消費税、および地方消費税がかかります)
■印紙代・登記済証・実印・印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
■建築確認通知書・検査済証、固定資産税納税通知書

※その他にも必要になるものがございますので、詳しくは営業担当者にご確認ください。

Flow7 > 抵当権の抹消・引き渡し

買主に鍵をお渡しし、物件の引き渡しを行います。
売却物件に住宅ローンが残債として残っている場合は清算し、抵当権を抹消する必要があります。
抵当権抹消の手続きは司法書士へ依頼します。
※詳しくは営業担当者にご相談ください。

残代金の受け取り・鍵の引き渡しは同時に行いますので、引っ越しなどはその前に済ませておく必要があります。

売却時に必要な資料

仲介手数料の半金(別途消費税、および地方消費税がかかります)
■登記費用(抵当権抹消の手続き等がある場合)
■実印
■印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
■物件の鍵等一式
■建築確認通知書・検査済証
■固定資産税納付書

※その他にも必要になるものがある場合があります。詳しくは営業担当者にご確認ください。

上記がおおよその不動産売却の流れになりますが参考になりましたでしょうか?!
「きっと売れる貴方の所有不動産!!」当社では社員一丸となって取り組んでおりますので、安心してお任せください。
もちろん、アフターフォローも万全です!

0648648989

営業時間 10:00~19:00 定休日 毎週水曜日、第1・第3火曜日

© 2018 株式会社ライフデザイン・プロデュース